英語の「訛り」、韓国と中国で話される英語の発音の特徴

英語にも、地域や国による発音の訛りがあります。東アジアで日本の近隣に位置する中国や韓国は、日本よりも英語を上手に話す人が多い国といえますが、そこで話される英語にはやはり当地ならではの訛りが見られます。

英語の訛りは実際どこの国にもあるものです。英語の発音を学ぶ上では、正しい発音を目指して練習するべきではありますが、日本語くさい発音だからといって尻込みする必要はありません。英語の訛りに関する知識は、物怖じしなくてよいという自信をもたらしてくれます。

“英語の「訛り」、韓国と中国で話される英語の発音の特徴” の続きを読む

英語の「訛り」、ヨーロッパで話される英語の発音の特徴

英語は世界中で話されている国際言語といえますが、各国・各地域で話される英語は当該地域の母国語の影響を受けた「訛り」が少なからず含まれます。欧州諸国で話されている言語の多くは、英語と同じ系統に属するとはいえ、発音にはそれなりの差異があります。

発音を身に着ける際には標準的な正しい発音を学ぶべきですが、模範的な発音しかしらない状態では現場の英語を聞き取れないという場合も起こりえます。地域に根差した発音のクセを把握しておきましょう。

“英語の「訛り」、ヨーロッパで話される英語の発音の特徴” の続きを読む

英語の母音の間違えやすい発音のコツ

英語の母音は、種類も数も日本語とは異なります。子音の発音と共に母音の発音にも練習が必要です。

とりわけ /æ/ や /ə/ のような音は、日本人にはなじみも薄く、なかなか上手に発音できない種類の音です。正しい発音のしかたを学び、その上で、しっかりと発音練習を積み重ねましょう。

“英語の母音の間違えやすい発音のコツ” の続きを読む

英語らしい発音に近づく「フラップT」の発音のコツ

英語(とりわけアメリカ英語)には「フラップT」(flap-t)と呼ばれる独特の発音ルールがあります。これを上手に発音できると、かなりこなれた印象の発音に近づけます。

フラップTは、基本的には、t の音が r や d に置き換わるように変化します。

フラップTは発音記号では示されない、どちらかといえば音便や訛りに近い変化です。規則・原則というよりは傾向を掴むような感じで、軽く把握しましょう。

“英語らしい発音に近づく「フラップT」の発音のコツ” の続きを読む

英語の発音における「マジックe」の性質と使いこなし方

英語にはマジックe(Magic e)と呼ばれる発音規則があります。
マジックe は、語末の e を発音しない「サイレントe」(Silent e)の一種であり、かつ、直前の母音の発音を変える役割があります。

マジックe を上手に表現できるか否かで、発音の英語らしさは大きく違ってきます。うまく使いこなして一歩上の発音を目指しましょう。

“英語の発音における「マジックe」の性質と使いこなし方” の続きを読む

発音が2通りあるとあまり知られていない英単語

英語には、同じ綴りで発音が異なる英単語、すなわちヘテロニム( heteronym )があります。close はヘテロニムの代表例で、/kləʊs/ と発音する場合と、/kləʊz/ と発音する場合、2通りの発音があります。

close の他にも lead や August といった比較的身近な語に2つめの発音がある例もいくつかあります。見逃しがちな知識なのでしっかり意識して学びましょう。

“発音が2通りあるとあまり知られていない英単語” の続きを読む

英語の「ear」と「year」の発音の違いとは

英語の ear と year は、発音がよく似ており言い分けの難しい組み合わせです。日本語でカタカナ表記するとどちらも「イヤー」になってしまいます。

英語としては ear と year の発音は明確に違います。ear は /ɪə/ 、year は /jɪə/ もしくは /jəː/ という発音です。

ear と year を正しく言い分けるには、/ɪ/ と /j/ を正しく発音できるようになっておく必要があります。

“英語の「ear」と「year」の発音の違いとは” の続きを読む

英語スピーキングを電話やスカイプ通話に最適化させるコツ

英会話も、面と向かっての対話と電話やスカイプ(Skype)を通じての会話(音声通話)とでは勝手が違います。表情・身振り・口の動きなどを手がかりにできないため、声と文をいつも以上に工夫する必要があります。

電話(通話)でうまく相手に伝わるように話すには、いくつかのコツがあります。コツを把握していれば、かなりの程度まで伝わり方の向上が見込めます。

抑揚を意識する、ゆっくり丁寧に話す、重要な語句は強調する、文章は簡単にする、そういった部分を意識して臨みましょう。

“英語スピーキングを電話やスカイプ通話に最適化させるコツ” の続きを読む

英語の「g」の綴りの発音は3種類ある

英単語において「g」と綴られる発音は3通りあります。 /ʤ/ と /ɡ/ そして /ŋ/ のいずれかです。それぞれ発音の要領と具体的な例を把握しましょう。

/ʤ/ は日本語で表記すると「ザ行」のいずれかに近い音で発音されます。/ɡ/ は日本語でいうと「ガ行」のいずれかに近い音で発音されます。/ŋ/ は日本語でいうと「ン」に近い音で発音されます。

/ʤ/ と /ɡ/ と /ŋ/ の発音の仕方と使い分けの原則を理解できれば、「g」を含む英単語を自信をもって発音することができます。 “英語の「g」の綴りの発音は3種類ある” の続きを読む

英語の発音で「特に日本人が誤りやすい・誤解しやすい」要注意事項

英語の発音は、ある意味で文法や英作文よりも難しい要素です。学校でも文法ほどしっかり習わないし、知識だけではどうにもならない、時間をかけて体にたたき込む必要がある要素だからです。

発音は「英語らしく」「英語っぽく」と意識するだけでもだいぶそれらしくなるものですが、そうした(半ば付け焼き刃の)発音に頼った場合にたいてい特定の誤りを犯してしまいがちです。少し意識してみる価値はあるでしょう。 “英語の発音で「特に日本人が誤りやすい・誤解しやすい」要注意事項” の続きを読む

英語の「訛り」、東南アジアで話される英語の発音の特徴

英語の発音には地域による微妙な差があります。たとえば東南アジアの国々で話されている英語の発音は、アメリカ英語やイギリス英語にはない特徴が見いだせます。

英語にも訛りがあるという事実は、日本人が英語を日本語くさい発音でしゃべっても必要以上に恥ずかしがることはないという勇気を与えてくれます。

“英語の「訛り」、東南アジアで話される英語の発音の特徴” の続きを読む

「英語の発音がうまい」と言われるための4か条

英語の発音は練習によって上達します。練習すべきポイントはいくつも挙げられますが、特に「上手な発音だなあ」という印象に直結するポイントはいくつかに絞り込めます。

この「上手な英語の印象を与えやすいポイント」は、英語の発音を学ぶ上で少し後回しになってしまいがちな部分でもあります。ないがしろにしないよう意識しつつ総合的に英語の発音の上達を目指しましょう。

“「英語の発音がうまい」と言われるための4か条” の続きを読む

英語の「sea」と「she」の発音の違い

英語の基本語彙である sea と she の発音は、よく似ているものの明確に異なります。sea の発音記号は /síː/、she の発音記号は /ʃi;/ と表記されます。

日本語では /s/ と /ʃ/ の発音は書き分けられません。発音の違いと発音方法は改めて習得する必要があります。舌と口角の使い方のコツがつかめれば、言い分けられますし、違いを聞き取ることもできるようになります。

“英語の「sea」と「she」の発音の違い” の続きを読む

英語の発音を英語らしくする「飲み込みのT」とは

英語の T /t/ は、飲み込みのT(Stop-T)と呼ばれる特殊な発音をする場合があります。声の調子を少し下げて息を飲み込むようにする発音です。

「飲み込みのT」を使えるようになると、英語の発音がグッと「それっぽい」感じになります。

“英語の発音を英語らしくする「飲み込みのT」とは” の続きを読む

英語の三単現や複数形を意味する「s」の発音の種類と見分け方

英語の動詞の三単現(3人称・単数・現在形)および名詞の複数形は、語末に –s または –es をつけて表現されます。発音は /s/ /iz/ /z/ の3種類あり、使い分けに注意が必要です。

語末の -s または -es が /s/ /iz/ /z/ のどの音で発音されるか、これは法則性があります。基本ルールが把握できれば簡単に判断できるようになります。 “英語の三単現や複数形を意味する「s」の発音の種類と見分け方” の続きを読む