「英語の発音がうまい」と言われるための4か条

英語の発音は練習によって上達します。練習すべきポイントはいくつも挙げられますが、特に「上手な発音だなあ」という印象に直結するポイントはいくつかに絞り込めます。

この「上手な英語の印象を与えやすいポイント」は、英語の発音を学ぶ上で少し後回しになってしまいがちな部分でもあります。ないがしろにしないよう意識しつつ総合的に英語の発音の上達を目指しましょう。

“「英語の発音がうまい」と言われるための4か条” の続きを読む

英語の「sea」と「she」の発音の違い

英語の基本語彙である sea と she の発音は、よく似ているものの明確に異なります。sea の発音記号は /síː/、she の発音記号は /ʃi;/ と表記されます。

日本語では /s/ と /ʃ/ の発音は書き分けられません。発音の違いと発音方法は改めて習得する必要があります。舌と口角の使い方のコツがつかめれば、言い分けられますし、違いを聞き取ることもできるようになります。

“英語の「sea」と「she」の発音の違い” の続きを読む

英語の発音を英語らしくする「飲み込みのT」とは

英語の T /t/ は、飲み込みのT(Stop-T)と呼ばれる特殊な発音をする場合があります。声の調子を少し下げて息を飲み込むようにする発音です。

「飲み込みのT」を使えるようになると、英語の発音がグッと「それっぽい」感じになります。

“英語の発音を英語らしくする「飲み込みのT」とは” の続きを読む

英語の三単現や複数形を意味する「s」の発音の種類と見分け方

英語の動詞の三単現(3人称・単数・現在形)および名詞の複数形は、語末に –s または –es をつけて表現されます。発音は /s/ /iz/ /z/ の3種類あり、使い分けに注意が必要です。

語末の -s または -es が /s/ /iz/ /z/ のどの音で発音されるか、これは法則性があります。基本ルールが把握できれば簡単に判断できるようになります。 “英語の三単現や複数形を意味する「s」の発音の種類と見分け方” の続きを読む

英語の発音におけるリンキングとリダクションとは

英語の発音は前後の英単語によって変化する場合があります。単語同士の音の連結をリンキングと呼び、音の欠落をリダクションと呼びます。

リンキングとは

リンキングとは、発音上で単語と単語がつながり、音が連結することをいいます。リンキングは2つの単語が1つの単語として発音される現象でもあります。

典型的なリンキングのパターン

子音+子音
双方の単語をつなぐ音が子音同士の単語は連結することが多いです。

  • /l/+/l/ の場合

「feel like」
feel like は「フィーライク」のように発音されます。

  • /d/+/t/ の場合

「need to」
need two は「ニートゥー」のように発音されます。
音が連結した単語は実際に1つの単語のように発音されているとわかります。

/l/+/l/ や /d/+/t/ 以外にも代表的な子音+子音の組み合わせがあります。

  • /k/+/g/
  • /p/+/b/
  • /f/+/v/

子音+母音
双方の単語をつなぐ音が子音+母音でも、連結する場合があります。

  • /z/+/o/ の場合

「because of」
because of は「ビコーゾブ」のように発音されます。

  • /t/+/ʌ/の場合

「get up」
get up は「ゲラップ」のように発音されます。

特に注意すべき are と were のリンキング
are と were は連結した場合に特に聞き取りづらいため注意が必要です。

  • men are
  • are in
  • were on

それぞれ、「メナー」「アーリン」「ワーノン」のように聞こえます。

会話の中では、be動詞は重要ではないので、ネイティブスピーカーは連結させて短く話します。したがって、 are と were を聞き分ける場合には現在か過去の文脈かを推測しつつ、どちらを話しているか把握することが大切です。

リダクションとは

リダクションとは本来発音する音が発音されない現象を指します。たいてい、欠落する音はアクセントがない音です。

典型的なリダクションのパターン

語末の /t/ /d/ /k/ /p/

  • about

about は「アバウト」ではなく「アバウ」と発音されます。

  • told me

told me は「トールドミー」ではなく「トールミー」と発音されます。

  • think that

think that は「シンクザット」ではなく「シンザッ」と発音されます。

t が欠落し、ラ行になる
/t/の発音が欠落し、ラ行の発音に変わる場合もあります。

  • little

little は「リロー」と発音されます。

  • not at all

not at all は「ノラロー(ル)」と発音されます。

特に注意すべき「and」の音の欠落
and の発音が /n/ になる場合があります。本来の発音より音が非常に短くなるので、聞き取りでは注意が必要です。

  • rich and poor

rich and poor は「リッチャンプア」と発音されます。

  • you and me

you and me は「ユー(エ)ンミー」と発音されます。

英語スピーキングで14(fourteen)と40(forty)を発音し分けるコツ、聞き分けるコツ

英語の数詞には「fourteen」と「forty」のように紛らわしい組み合わせがあります。どちらも数字なので、誤った方で解釈しても気づきにくいのも厄介です。

fourteen と forty は「アクセントの位置」や「音の伸ばし方」に違いがあります。正しく発音できればちゃんと言い分けられますし、聞き分けられます。

“英語スピーキングで14(fourteen)と40(forty)を発音し分けるコツ、聞き分けるコツ” の続きを読む

平均的な日本人の英語スピーキング力が低い理由

日本人のスピーキング力は、もちろん個人差はありますが、海外滞在経験のない平均的な日本人に限ればやはり低いと言わざるを得ません。

スピーキング力は主に2つの要素に分けられます。ひとつ目は「表現したいことを論理的かつ流暢に英語で話す力」、ふたつ目は「正しく英語で発音する力」です。日本人はどちらも苦手という傾向があります。

“平均的な日本人の英語スピーキング力が低い理由” の続きを読む

英語スピーキングに関するちょっと恥ずかしい失敗談

学生の頃にカナダに留学したことがあります。あるとき、時間が知りたくて、現地のお年寄りの男性に「What time is it?」と尋ねました。質問そのものは日本人にもおなじみの初歩レベルの英文です。しかし、うまく伝わりませんでした。どうも「time」の部分の発音がまずくてネイティブには聞き取りにくかったようなのです。

私が声をかけたネイティブのお年寄りはとても優しい方で、必死に私の英語を聞き取り理解しようとしてくれました。しかしどうにも伝わりません。3分ほどして、彼の奥さんとおぼしき女性が合流し、私の話す英語を「timeといっているんじゃないかしら」と伝えてくれました。お年寄りの男性はやっと理解してくれ、「なんだtimeと言っていたのか!」と一言残して、喜んで去っていきました。

結局、いま何時かを知ることはできませんでした。

今となっては笑い話ですが、恥ずかしい記憶でもあります。これは私にとって英会話の発音を練習(というか矯正)しなければと思い知らされた貴重な体験です。

“英語スピーキングに関するちょっと恥ずかしい失敗談” の続きを読む

英語の発音・スピーキングを練習しておいて良かったと思える瞬間

「英語を話せると将来きっと役立ちます」と言われても、なかなか実感はわかないものです。具体的にどんな場面で「英語を話せてよかった」と思えるのか、いくつか想定してみましょう。今のうちにスピーキング力を鍛えておかなくてはという気持ちになれるはずです。

“英語の発音・スピーキングを練習しておいて良かったと思える瞬間” の続きを読む

英語を上手に話せる場合のメリット、うまく話せない場合のデメリット

英語が話せるということは、自分の可能性を何倍にも広げるということです。一度話せるようになってしまえば、誰かとコミュニケーションがとれなくて困るという現象はもう起こりません。それだけではなく、今まで知らなかったこと、知る術がなかったことも英語という言語を通して知ることができます。

“英語を上手に話せる場合のメリット、うまく話せない場合のデメリット” の続きを読む

海外留学せずに国内で英語スピーキング力を高めるオススメ学習法

私は、普通に大学受験のための英語を勉強し、特別な留学経験もなく、大学に入る以前はパスポートすら持っていませんでした。英語は読めるしある程度聞けるけれど、喋れない、いわゆる「普通の日本人」です。

しかし、今では国際交流パーティーでネイティブと普通にコミュニケーションを取り、英語で授業を受け、1か月ほどのオーストラリア滞在では、1人でも何不自由なく生活できる英語レベルです。

もちろん、まだまだ自分の英語力は未熟であり、改善の余地しかありませんが、それでも普通の日本人よりは圧倒的に英語が話せると自負しています。

大半の日本人と同じように、特別な海外経験がない私が行った英会話練習方法を紹介します。

“海外留学せずに国内で英語スピーキング力を高めるオススメ学習法” の続きを読む