英語の発音・スピーキングを練習しておいて良かったと思える瞬間

「英語を話せると将来きっと役立ちます」と言われても、なかなか実感はわかないものです。具体的にどんな場面で「英語を話せてよかった」と思えるのか、いくつか想定してみましょう。今のうちにスピーキング力を鍛えておかなくてはという気持ちになれるはずです。

海外旅行では英語力は必ず役立つ

英語が話せるだけで海外旅行が飛躍的にスムーズになります。

道を尋ねたり時刻を尋ねたりといったちょっとした情報は、英語圏なら現地のネイティブに話しかければみんな親切に教えてくれます。私がロンドンに旅行した時は実際そうでした。道を尋ねたついでに少しだけおしゃべりに興じ、その流れでガイドブックには載っていない現地の情報を教えてもらえたこともありました。

英語のプレゼンでも必ず役立つ

英語でプレゼンをする機会があったとき、英会話は確実に力になります。英語を話すことに慣れていないと必要以上に緊張したり棒読みになってしまったりするところですが、英会話を身につけておけば自然で自信に満ちた発表ができます。このようなシチュエーションは学校の授業や会社の会議など、あらゆる場面で起こりえます。英語力があれば一線を画すことができるでしょう。

日本を紹介できる

日本とほとんど関わりのない生活を送る人にとって、日本という国はただのアジアの一国にすぎません。JAPANなんて聞いたこともない、という人にも出会ったことがあります。そんな時でも、英語のおかげで日本についてしっかり説明することができました。日本を知らない人に日本の魅力について語るという経験は貴重で達成感のあるものです。

今のうちに綺麗な英語を自分のものにしましょう

誰もが英語を必要とする世の中です

これからの世界、きっとどこにいても外国の人と話す機会はあふれています。日本の会社に勤めていたって、突然英語でのプレゼンを依頼されるかもしれません、海外の人と会議することになるかもしれません。街で外国からの観光客に突然道を聞かれることも頻繁に起こるでしょう。そんな時になって困らないよう、今のうちに英語を話せるようになりましょう。

ネイティブじゃない同士でも英語で話す機会があります

また英語は世界の共通語なので、話す相手が英語のネイティブスピーカーではない可能性も大いにあります。そうなってくると「変な発音の英語を話す人」と「綺麗な英語でないと聞き取れない人」同士で話すことになるので、本当にお互いがお互いの英語を聞き取れず四苦八苦することになるのです。「ブロークンイングリッシュで何が悪い」とは言っていられません、綺麗な英語の発音を身につけましょう。