英語における「ch」の発音の種類とコツ

英語の「ch」には /tʃ/ と /k/、/ʃ/ の3通りの発音があります。

たとえば child や China の「ch」は /tʃ/ と発音されます。school に含まれる「ch」は /k/ と発音されます。machine の「ch」は /ʃ/ と発音されます。

ch の3種類の発音には、息の出し方や口の使い方に明確な違いが見受けられます。

“英語における「ch」の発音の種類とコツ” の続きを読む

英語の「アルファベット」の読み方・発音のコツ

英語のアルファベットは「エービーシー」(ABC)のように読まれますが、これは必ずしも英語らしい正しい発音とは限りません。意外と発音しにくい字もあります。

たとえばアルファベットの B と V は発音し分けにくい音です。R や X のように、カタカナ表記の発音と実際の音がだいぶ違う音もあります。

アルファベットの1文字1文字の正しい読み方を振り返ってモノにしておきましょう。

“英語の「アルファベット」の読み方・発音のコツ” の続きを読む

英語の wait(待つ)と weight(おもり)の発音 ― 同音異義語について

英語には、wait と weight のように、異なる綴りであっても発音が同じ英単語の組み合わせがあります。同じ発音で意味が異なる英単語を同音異義語と呼びます。

特に、異なる綴りと意味であっても発音が同じである英単語を異綴同音異義語(どうてつどうおんいぎご)と呼びます。異綴同音異義語は英語では「homophone」と訳されます。

“英語の wait(待つ)と weight(おもり)の発音 ― 同音異義語について” の続きを読む

英語の「first」と「fast」の発音の違いとコツ

英単語の first と fast の発音上の主な違いは、「r」の音の有無と音の長さだといえます。

first と fast は、発音記号でそれぞれ /ˈfɝːst/ と /fæst/ と表記されます。

first は、fast にはない、小さな「r」の音を伴って発音されます。母音を伸ばして発音する first に対して、fast は比較的短く発音されます。

“英語の「first」と「fast」の発音の違いとコツ” の続きを読む

多くの音節を含む英単語の発音のコツ

英語のアクセントは、英単語中の特定の音節を強く発音する表現方法です。アクセントをしっかりつけて発音すると、英語が伝わりやすくなります。

多くの音節を含む英単語の発音において、アクセントが置かれていない音節の発音にも注意を払う必要があります。

アクセントが置かれていない音節を意図的に弱く短く発音すると、全体としてメリハリのある英語に聞こえます。アクセントのない音節の音自体を一部省略する場合もあります。

“多くの音節を含む英単語の発音のコツ” の続きを読む

英語の「hurt」と「heart」の発音の違いとコツ

英語の hurt と heart は発音が似ている英単語の組み合わせです。日本人にとっては、どちらの英単語の発音も日本語の「ハート」に聞こえてしまうでしょう。

実際、hurt と heart には、発音上の微妙な発音の違いがあります。hurt と heart は発音記号でそれぞれ、/hɜrt/ と /hɑrt/ と表記されます。

“英語の「hurt」と「heart」の発音の違いとコツ” の続きを読む

英語の「air」と「are」の発音のコツ

英語の air と are は、実は発音がよく似た単語です。しかし同音ではなく、微妙な違いがあります。その意味で発音の難易度はかなり高めといえます。

発音し分けるポイントは語頭の音です。でも日本語的に「エアー」「アー」と発音してよいわけではありません。英語らしい区別の仕方をしっかり把握しましょう。

“英語の「air」と「are」の発音のコツ” の続きを読む